2009年08月30日

緑速攻。

先日の遠征で速い緑も組んでみようと思いました。

デッキ名『緑速攻』
【緑スピリット】
3 フライングミラージュ
3 カプリホルン
3 マッハG
3 ポルック&カスター
2 リーヴォルフ
3 マッチュラ
3 シダフクロウ
3 ヘラクレスジオ
3 エメラルドシーザー

【黄スピリット】
3 ミケネ
【緑ネクサス】
3 命の果実
【緑マジック】
3 バインディングソーン
3 ストームドロー

【白マジック】
2 インビジブルクローク

先日、白速攻と対戦した経験から
速いタイプの緑も組んでみようと考えました。
今まで自分が組んでた中では一番速いタイプかもしれません。

回した結果で、デッキの内容は紆余曲折してますが、
最初の6ターンまでの回りが円滑になるように
考えて調整していきたいと思います。
今のところまだどのスピリットがいいのか
判断しかねるところが多いのですが、
先手の時の初手の配置。
後手の時の初手の配置。
地元の相手の初期配置のスピリットとそのBP。
その辺を考えると入るスピリットも決まっていくかなと思います。
posted by kimidori at 18:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

緑黒

GWも書かないとまた引退したとか言われそうなので。^^;
ちゃんとデッキも組んでますよ的なアピール。

デッキ名『魂のサキガケ』
【UNIT】
3 シャアガル(23)
3 デモクト
3 ハムフラ
3 試作ケンプファー
2 シャアゲル(20)
2 アヘッドサキガケ
2 アグリッサ
2 サイド3
2 ニューヤーク

【CHARACTER】
2 ハム
2 シーマ

【COMMAND】
3 激突戦域
3 赤い彗星
2 高潔なる理想

3 魂の輝き
【GANERATION】
4 緑守り基本G
3 黒守り基本G
6 ガンダム調査隊


サイド案。
2 ボッシュ(対OO、茶、白)
2 仇名す(対コル、茶)
3 滅多打ち(対白、コル)
3 ゲリラの村(対赤青)

G配分ちときびしめ。
シャアザクガルザク(略してシャアガル)を緑黒に組み込んでみた。
サキガケが断固拒否してもシャアザクとガルザクで手足持って、
戦闘エリアに無理やりブン投げます。(笑 そしてワンドロー。
アグリッサブン投げても結構嫌がられます。
あとは基本的には前の緑黒とほぼ同じ動きで戦えます。
激突戦域は、サキガケが相手をバウンスして帰ってきたあとにも
使えるようになったのがちょっといい感じです。
posted by kimidori at 02:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAMWAR(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟻塚テレスコープ。

蟻塚マスターに、俺はなるッ!w

デッキ名『蟻塚テレスコープ』
【緑スピリット】
3 クロス・シザース
3 ハングリートゥリー
3 モスリーフ
3 神樹ディオネアス
3 老賢樹トレントン
2 カイザレオン大帝
2 カイザーアトラス皇帝

【緑ネクサス】
2 緑眼の虚空
3 無限蟲の蟻塚

【緑マジック】
3 バインディングソーン
3 ストームドロー
3 ライフチェイン

【白マジック】
3 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー

【紫マジック】
2 キラーテレスコープ


鉈の重さと剃刀の切れ味(謎
蟻塚テレスコープで相手の場をまっさらに仕様と目論みました。
カイザーアトラスL2で殴れば2回でゲームエンドです。

緑眼L2。
カイザーアトラスが相手を疲労させてくれるので何気に重宝。

カイザレオン。
蟻塚下での9000ブロッカー。
最終的にはライフチェインでアトラスのコアを稼ぐ役に。

モスリーフ。
相手のBPさえ上回れれば、
蟻塚テレスコープともっとも相性のいいスピリットかもしれない。^^;

緑重と平行してこのデッキを組んだが為に
我が家では深刻な蟻塚不足が発生中です。
蟻塚9枚あっても足りないとか。どんなだけ蟻塚好きなんだ、俺。www

posted by kimidori at 02:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

緑重改。

前回の武者修行の結果などから考えて、
先日の5000万パワーズを組みなおして、
ショップバトルに参加してきた。

デッキ名『緑白5000万パワーズ改』
【緑スピリット】
3 クロス・シザース
3 ポルック&カスター
3 ハングリートゥリー
3 用心棒アントマン
3 スタッグローブ
3 神樹ディオネアス
2 ブランボア
1 獣槍王ギガ・ガルレイブ

【白スピリット】
2 珊瑚蟹シオマネキッド
【緑ネクサス】
2 緑眼の虚空
3 無限蟲の蟻塚
1 隠された賢者の樹

【緑マジック】
3 バインディングソーン
3 ストームドロー

【白マジック】
3 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー


なんとなくでいつも入れていたマッハGを抜く。
デッキを回すのにどこと無く不自由さを感じるからです。
なら守りはウォールとエリクサーに一任ということで、
ウォールを増やす。
同様にこのデッキのキーカード的存在である蟻塚も3に。
ディオネアスはこのデッキでは3確定。
緑眼で無力と化すシオマネキッドは実験的に2枚に。
蟻塚に依存しすぎない為にブランボアとか2枚入れてみた。
紫に対する回答は何一つ盛り込まれて無いんですが、
スピリットの展開の仕方一つきをつけるだけでも、
少しは戦えるんじゃないかと思います。
ある程度紫のカードの覚えていかないと、
対戦するときに分からん殺しされるなぁ。
posted by kimidori at 01:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ダブルヘッダー。

午前中を無為に過ごして突如思いつく。
そうだ、大会に行こう。

そのままどこまでも行ってしまいそうなこの思いつき。
関東近県であるバトスピの大会を総ざらいして、
ダブルヘッダーできそうな組み合わせを探す。
出来ればコアリーグに出て緑のプロモをゲットして来たい。
と言う訳で松戸→中野の順に大会に参加。
いつもの大会以外のところに出るのは栃木以来だ。

松戸ホビステ 参加者12名(子ども3名だったかな)
スイスドロー4回戦。
使用デッキは昨日あげた5000万パワーズ。
正直どの程度他の地域で通用するのかまったくの未知数。

1回戦目 対緑 ○
丁寧な物腰の気さくな方でした。
マッチュラ、バットホッパー、ヘラクレスジオを
緑眼の虚空で封殺してこちらが殴って理想的な勝利。

2回戦目 対シェイロンデス ×
紫を見てデスを意識するのをすっかり忘れてあっさり負け。
デッキが重くなったことでより紫と戦いづらくなっている。
速さと重さのバランスを考えた構築と、
スピリットを無理に展開しすぎないなど、
対紫用のプレイングも必要だと感じた。
今回の一番の課題になるのは間違いなし。

3回戦目 対緑 ○
1回戦の方の息子さん。シオマネキッドが入っている緑速攻かな。
ピュアエリクサー大活躍。
重さで勝てない部分は相手は数で押さざる終えない。
そこを補うのはやはりエリクサーの役目で正解だった。
勝ったと思わせたところから一気に形勢逆転。

4回戦目 対緑白紫 ○
子ども連れの方。重めのスピリット重視で緑眼も効果なし。
終盤まで膠着が続いたが、シザースにコア3個で蟻塚指定状態。
ここから、重スピリットの地球クリーン作戦が始まった。
ハングリーが相手ブロッカー4体ぐらい蹴散らして勝利。

3勝1敗で3位。緑コア&プロモ&ランカーパス、ゲット。
出だしとしてまずまず。期待の重神速もいい仕事してくれる。
ここで、地元に帰って邪の人と会う予定だったが、
昼という眠りのコアタイムに布団に力を吸い取られた邪の人が
とうとう力尽きたというメールが届き帰宅断念。

そのまま、中野に向かって本日2戦目のコアリーグに突入。
遊vic中野店 参加者4人(子ども1人)
せっかくなので総当り3回戦ということになった。

1回戦目 緑重キングアトラス ○
初手、命の果実というコンボの気配漂う相手ターン。
3ターン目で、ストームドローで
カイザーアトラス2枚切られてびびる。^^;
自分で組んでたカイザレオンに近いものを感じる。
紙一重の差ではあったものの何とかライフを数リきって勝利。
勝因はエリクサーとウォールの引き具合。
最初、初手4枚にスピリットなしの時点で負けたと思ってた。^^;;;

2回戦目 対紫緑パンデミウムコン ×
またも紫を見てデスをケアし忘れる致命的ミス。
そのあとも千本槍、ミストウィゼルで手札を増やされつつも、
パンデミウムの効果を受けつつ粘った。
虎の子のエリクサー2発で場をつないだが及ばず。

3回戦目 対赤ビート ○
2回戦の方の息子さん。見慣れた色を見てほっとする。
やっぱり対戦経験があるってだけでずいぶん気持ちが楽。^^;
相手の攻撃を受けつつ要所でエリクサーでキャッチ。
返しのパンチがそのまま決まってこちらの勝ち。

対戦後のフリーでシオマネキッドが子どもさんを大いに苦しめた。^^;
出てきた反応は、「ポイズンシュートが欲しい」。
なんという柔軟な発想。そういう考えって大事だよね。
ポイズンシュートを求めて対戦中のお父さんに話を振りまくる男の子。
そんな中でもきっちりと勝利を収めたお父さん。すばらしいです。^^
優勝はこのお父さんでした。

2勝1敗で2位。またも緑コアゲット。
やっぱり負けは紫。デッキが重過ぎるのも苦戦の要因か。
もう少し速さと重さのバランスを考えないとダメみたいです。
posted by kimidori at 09:50| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

緑白5000万パワーズ。

新弾環境を眺めてデッキ構築意欲が沸いてきました。
主に使っていた緑中速を改造して、緑タッチ白の中速へ。

緑眼の虚空のお陰で従来の緑中速では厳しいということで、
中心となるスピリットががらりと一新。
テーマは、「BP5000が盤面を支える力となる。」です。

デッキ名『緑白5000万パワーズ』
【緑スピリット】
3 マッハジー
3 クロス・シザース
3 ポルック&カスター
3 ハングリートゥリー
3 用心棒アントマン
3 スタッグローブ
2 神樹ディオネアス
1 老賢樹トレントン
1 獣槍王ギガ・ガルレイブ

【白スピリット】
3 珊瑚蟹シオマネキッド
【緑ネクサス】
2 緑眼の虚空
2 無限蟲の蟻塚
1 隠された賢者の樹

【緑マジック】
3 バインディングソーン
3 ストームドロー

【白マジック】
2 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー


早いデッキなどへの対処として緑眼の虚空。
紫の厄介なスピリットもついでに避けてくれる優れもの。
(シャ・ズー、ボングラ、デスハーデス)
その為にこちらが影響を極力受けないように、
シオマネキッド以外の3コススピリットは全部排除。
蟻塚と絡めて、ハングリー&アントマンの
4コスL1 BP5000コンビは、十分な壁になるはず。
前回の緑中速でやられて嫌だったことを思い出し、
(少数精鋭のブロッカーを疲労させられること、
もしくはコア除去による蟻塚避け)
ウォールとエリクサーを装備。
シオマネキが入って若干打ちやすい。
素で打ってもまったく苦では無いですが。

シオマネキについては多くは語ることも無いですが、
このデッキの中では、中盤以降のリヴァイア、ギガ避け。
リボン、メタルディー、ヘルブリンティー避けと効果は十分。

BPが高いスピリットが多いので、
蟻塚のL2がかなり活きる構成になった。
5弾でもっとも収穫だったのは、用心棒アントマンとディオネアス。
アントマンは軽減の1軽くなったハングリー。
手札捨てる効果付いてないバニラだけど、
ハングリーが場にいて厄介なのは手札捨てる効果よりも
固さだと思うのでぜんぜんありだと思います。

ディオネアスは神速はおまけのようなもの。
6コス軽減4は重くも感じるが中盤終盤軽減が効くので気にならない。
神速でも出られる固いスピリット。
さらにL2アタックブロック成立でコアまで増える。
蟻塚とこれ以上相性のいいスピリットもいないと思う。

という感じで、以上机上の空論でした。^^;
あとは実際に対戦して調整してみたいと思います。
posted by kimidori at 01:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

虚空。

バトスピ5弾発売。
カードも買ったし新しいデッキを・・・。
なかなか組むに至らないこのやる気の無さはお盆のなせる業でしょうか。
寝苦しい夜に一人カードテキストを眺めてみる。
注目してみたのはネクサス虚空シリーズの3枚。

緑眼の虚空 ネクサス 3(2)/緑
<0>Lv1 <3>Lv2
Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
コスト0/3のスピリットすべては、アタックとブロックができない。

Lv2
【転召】を持つ自分のスピリット全てに
“『このスピリットのアタック時』相手のスピリット1体を疲労させる”
という効果を与える。

青嵐の虚空 ネクサス 3(2)/青
<0>Lv1 <2>Lv2
Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
コスト0/2のスピリットすべては、アタックとブロックができない。

Lv2『お互いのアタックステップ』
自分のフィールドに【転召】を持つスピリットがいる間、お互い、コスト4以下のマジックの効果を使用できない。

白夜の虚空 ネクサス 3(2)/白
<0>Lv1 <3>Lv2
Lv1・Lv2『お互いのアタックステップ』
コスト0/1のスピリットすべては、アタックとブロックができない。

Lv2
【転召】を持つ自分のスピリットすべてに
“【装甲:赤/紫/緑/白】このスピリットは、指定された色の相手の
スピリット/ネクサス/マジックの効果を受けない”
という効果を与える

誰でも目につくレベル1効果。
特定のコスト域のスピリットがアタックもブロックも出来なくなる。
実際先日の大会でも緑眼の虚空で、
マッチュラとヘラクレスジオが止められて負けた事から
コスト域がばっちりはまると物凄い威力を発揮するのはわかった。
と言う訳で、じゃあ実際何が止められるのさ?っていうのを
これを機に書きなぐっておく。




以下きっと長いので追記に続く。
posted by kimidori at 02:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

ショップバトル。

完全に一日に出遅れていつものお店のショップバトルに参加。
デッキは、勝つもよし負けるもよしの心持ちで白緑ネクサスコン。

参加者10名。大人4人。子供6人。だったかな?

1回戦目 対緑タッチ白 ×
こちらのコントロール手段は白に依存している為、
シオマネキッドが出た時点でゲームエンド。
確かに緑にとって救世主旧の力の持ち主かも。
とどめに緑眼の虚空で3コス帯封じられて負け。

2回戦目 対赤コン ×
色を見た瞬間に敗色濃厚。^^;
粘りは見せるも殴りあいに持ち込まれ最後は数で封殺。

3回戦目 対赤緑 ○
固いスピリット複数+蟻塚+トパーズL2+鏡の回廊×2で相手を完全封殺。

4回戦目 対緑神速 ×
いいところまで追い詰めたと思ったら、
相手の手札はすべて神速でした。^^;
数で押し切られて負け。

負けに負けてきました。勝負にならなかったのもありましたね。^^;;;
新弾も出たのでもう少し練り直しが必要なようです。
posted by kimidori at 00:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。