2009年09月24日

さぁ、おまえのデッキを数えろ。

サイクロン!メタル!ちょっとトリガー

新しい構築が出てデッキを組みました。
出発点は無限コア。

デッキ名「さぁ、おまえのデッキを数えろ。」
【スピリット】
3 オッドセイ
3 ラングリーズ
3 ヘル・ブリンディ
2 人馬騎兵アトリーズ
3 鉄騎皇イグドラシル

3 調教師ライナ兄弟
2 機動要塞キャッスル・ゴレム
【ネクサス】
3 白夜の虚空
3 時止まりの氷原

3 緑眼の虚空
3 栄光の表彰台
【マジック】
3 サイレントウォール
3 ストームドロー
3 リターンドロー

【デッキのねらい】
ネクサスが多数の状況で、
ライナ兄弟、ブリンディ、イグドラシルのセットで無限コア。
ライナ兄弟かブリンディの数が多ければより楽。
その状況からリターンドローで手札を増やして場を展開。
最終的に無尽蔵に生み出されたコアでキャッスルゴレムを連打します。
序盤のしのぎ方が最大の問題点。

【青の虚空について】
虚空だけでしのぐには、厳しい気がします。
周りが意識してかせずか、構築が一部かかっても、
一部が虚空をうまく抜ける形になっています。
そこで、白の2コスト帯のブロッカーを採用。
3コスト帯は緑、紫、赤に結構刺さります。
1コストは苦手な赤に刺さります。
さて、2コスト帯はだだもれなわけですが、
こちらの2コスト帯スピリットはBPだけなら、
2コスト帯には遅れをとることはほぼないので、
2コスト同士のお見合いならほぼ問題なし。
高コストのスピリットにもある程度は対応できるので、
とりあえず、初手でいきなり6000と固いラングリーズ。
複数ブロックできる可能性と軽減による軽さ、
あとはドローコンボ時に3000でドロー要員にもなるオッドセイを採用。

【ネクサス破壊に弱いのは見たまんま】
ネクサス破壊?なにそれぐらいの構築ですが、
環境によってはオーディン、ブロンズゴレムとか入れたいです。
ただ、そこを入れると早いデッキに殴り負ける展開が多くなるというのは、
すでに前のバージョンで確認済み。
割りきるしかないのでしょうか。

栄光の表彰台は、前の段階で祈祷師、
蟻塚が入っていたときの名残なんですが、
正直この形で必要かどうかは少々疑問です。
何かほかにいいネクサスはないだろうか?うーん。

追記
表彰台は思ったより悪くなかった感じ。
特にコンボが始まった後でライナが引けない時に
思い切って勝負にいけるのはかなりいい感じです。
万が一、キャッスルが表彰台で落ちた時には、
ブリンディ複数とイグドラシルで相手の場をまっさらにして
フルアタックする方向で勝負できます。
posted by kimidori at 13:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

懲りずに緑を組んでみる。

デッキ名『緑タッチ白』
【緑スピリット】
3 クロス・シザース
3 ポルック&カスター
3 ハングリートゥリー
3 マッチュラ
2 バットホッパー
3 スタッグローブ
1 爆進獣ブランボア
2 神樹ディオネアス
2 獣槍王ギガ・ガルレイブ

【白スピリット】
3 珊瑚蟹シオマネキッド
【緑ネクサス】

2 無限蟲の蟻塚
2 隠された賢者の樹

【緑マジック】
3 バインディングソーン
3 ストームドロー
1 バインディングウッズ

【白マジック】
2 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー


先日の教訓を生かしてデッキを若干軽量化。
それでもまだ重いと思うけど、
緑眼を抜いたことで若干気持ちは楽になった。
相手の紫も楽にしてる気もしないでもない。^^;
しかし、重いデッキにおける序盤のマッチュラと
バットホッパーの重要性について考えさせられた。
軽いデッキに対して先行を取らされたときに
マッチュラは最大限の仕事をしてくれる。
相手の手数を1枚落としてくれるのだ。
それだけでも重いデッキは時間を稼ぎきる確率が上がるはず。
序盤のコアのカツカツ感を解消するには
やっぱりホッパーの力が必要になるのだろうか。
その辺を考えるのにしばらくホッパーで使ってみる。
でもしばらくするとトレントンになってるかもしれない。w
posted by kimidori at 01:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

遠征まとめ。

8月後半から今日までの遠征まとめ。

千葉県八街
車飛ばして2時間半。やってきました八街市。
デッキは緑重。参加者2名^^;
こちらの初手にスピリット無し・・・。^^;;;
相手じゃんけんに勝利して後手を選択。
こちら先手ドロー。

つシオマネキッド

仕方が無いのでシオマネキッド出してエンド。
相手が困った顔をする。
それもそのはず相手のデッキは白速攻、
さらに手札はマジック多数でした。
その後は、緑重スピリット並べて我慢。
蟻塚引いたらジワジワ押しつぶして勝利。

このあと、この方にたくさん対戦をしてもらったんですが、
結果は完敗。^^;
一度も勝てず。
大会の一勝は運が良すぎたみたいです。
重い緑の対白のシオマネキッドの偉大さを感じました。
帰ってから2枚だったシオマネを3枚に増加。^^;;;

秋葉原 チェルモ
参加者24人(全オトナ) デッキ緑重改 トーナメント戦
1回戦目 ライノボム ○
相手がチェインを引く前に殴りきって勝利。
コンボ相手に重い緑は致命傷だと痛感。
2回戦目 虚空表彰台 ×
とか思っていると、2回戦目は表彰台ネクサスコン虚空3種入り。
ライフ1まで削ったけど及ばすデッキを吹っ飛ばされて負け。
敗因を考えるなら序盤のミストウィゼルを
わざわざ壊して回ったことだと思います。

柏 むげん
初めて行くお店。デッキは緑重改。
スイスドロー4回戦。参加者8名。(オトナ3)
1回戦目 対白重 ×
自分で虚空はって場にシオマネキッド×2。なすすべ無し。
2回戦目 対黄紫 ○
変わった構成のデッキだったけど、
こちらはいつもと変わらずに場を作る。
蟻塚L2モードに入ったらあとはジワジワ圧倒して勝利。
対戦後に相手の子が手を差し出して、健闘をたたえる握手。
礼儀正しいことを思わずほめた。
3回戦目 対青単粉砕 ○
BPの押し合いで粉砕青に遅れを取るはずも無く、
ホールドした手札3枚はすべてストームドロー。
コアも潤沢に揃っていたので殴り合いでは負けようも無い。
4回戦目 対表彰台ネクサスコン ○
8ターン目までで相手の手札がかなり重かった模様。
キャッスルゴレム出してデッキ破壊するもそこまで。結果三位。

緑重。雑感。
白の重いデッキに殴り負けたことがちょっとショック。
BPの高さに慢心してBPアップ要素が少なかったこと、
あるBP域にスピリットが集中しすぎて、
それ以上の相手に歯が立たないときにどうしようもないこと。
より重いのを生かす構成にシフトするか、
少し軽めの構成に寄せるかのどちらかの選択に迫られる。

原点回帰も兼ねて少しデッキを前の方向性に近づけてみる。
トレントンがないけど必要かどうかは使ってみて要調整。
posted by kimidori at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。