2009年10月24日

緑重コアリーグ本戦用

昨日の古河のGW公認後に邪の人と延々バトスピスパーした結果がこの形です。

デッキ名『緑重コアリーグ本戦用』
【緑スピリット】
3 クロス・シザース
3 ポルック&カスター
3 アメンボーグ
3 ハングリートゥリー
3 マッチュラ
3 バットホッパー
3 ヘラクレスジオ
2 スタッグローブ
2 獣槍王ギガ・ガルレイブ

【白スピリット】
3 珊瑚蟹シオマネキッド
【緑ネクサス】
3 隠された賢者の樹
【青ネクサス】
2 古代闘技場
【緑マジック】
3 ストームドロー
【白マジック】
2 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー


【デッキに起きた変化】
まずデッキからソーンが抜けた。
自分のデッキが速攻系で無い時点でソーンで勝つのと、
ソーンを抱えて手数が足りずに負けるパターンと、
どっちが多かったかを考えると圧倒的に後者。
という訳で、ソーンを思い切って抜いてみたんですが、
ほとんど影響なし。
地元と友人のみの対戦環境下なので、
考慮できてないデッキタイプがあるかもしれないけど、
スピが増えてコスト帯を少し下げたことが、
デッキの安定性の向上にも一役買った。

【デッキに起きた変化2】
蟻塚、ブランボアが抜けた。
あれほど大好きだった蟻塚がデッキから抜けた。
理由は赤相手に蟻塚を手札にホールドして、
戦わなくちゃいけない展開が増えたから。
(蟻塚より先にスピリットを優先しておかなければいけない状況)
前々から蟻塚に頼りすぎるデッキ構成に懸念材料はあったものの、
フィニッシュコンボとしてのL2蟻塚の味が忘れられずに抜けなかったが、
本戦用に古代闘技場のスペースをと考えると、
真っ先に抜けたのが蟻塚という結果になった。
残念だけど、蟻塚にはまた別のデッキを考えよう。。。
ブランボアは単にスペースの都合上。

【デッキに起きた変化3】
緑に対してはだいぶ戦える形になった気がする。
赤の焼き、白のバウンスに対しては完全にカニ頼み。
どうしても相性の悪い紫に対して出した苦肉の策。

つ朝焼け岬

策というかまんま紫しか考えてないカード。
しかし、これだと他の色のデッキには無駄カードだし、
紫に他の色を足されているの可能性も考えると、
必ずしも出れば勝つ的な効果は期待できそうにもない。

というわけで苦肉の策パート2。

つ古代闘技場

BP上げられない効果は自分のアタックステップのみだけど、
これならこちらの攻撃は相手は盤面の値で応戦しないといけない。
BPの大きいスピリットで相手を押しつぶすデッキの趣旨にも合っている。
(ついでに白のブロック時BPアップにも対応してるのが偉い)
L2効果も、紫の召喚時効果持ち以外にも、
ドラグサウルス、エメラルドシーザー、マッチュラ等、
意外と広くカバーしているので○。
というわけで、このデッキで11月の本戦に突っ込んできたいと思います。
posted by kimidori at 08:26| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

秋葉ホビステSB。

先週に引き続き武者修業。
秋葉のホビステの大会に参加。
帰路につき簡易レポ。
参加者10人。
使用デッキ「緑重」

1回戦目 対赤ビート?
×
こちらの初手。
蟻塚×2、ウォール、エリクサー。^^;
ドローがギガガル。
2ターン殴られて終了。

2回戦目 対緑ビート ○
龍使いがいたので、
転昇入り緑単。
軽いのとこちらの軽いのが
お見合いしている間に
場を整えてシーザーで賢者L2維持して殴り勝ち。

3回戦目 対白中 ○
序盤にラタトスカ、ヘイムダル、ヒトデム。
マッチュラ、シーザー、素スタッグローブでお見合い。
相手がアトリーズ2体を並べる間に、
ギガガルからシーザーと賢者展開。
シーザーで賢者L2を維持して、
ギガガル、ディオネアスで殴り勝ち。

この時点でドロップ3人。大会終了。

2勝1敗で4位?くらい
posted by kimidori at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。