2011年05月06日

木星北斗破壊ドロー型

病み上がりで睡眠とりすぎて、目がさえて眠れないのでデッキ投稿。
木星北斗破壊ドロー型
http://www.battlespirits.com/mydeck/src/1304611358.html

木星北斗のタイプは数あれど、
やっぱりこのデッキの強みはブレイヴのコストの踏み倒しによって、
ダブルシンボルを早々にそろえて相手のライフにプレッシャーをかけることにあると考えた。
対応するカードを積んでデッキのよいところをスポイルするよりも、
いいところを伸ばして尖らせる形を選んでみた。つもり。^^;

一番の理想の形としては、
後手スタートで、1手目で4コアブーストスピを展開して、
次のターン、2手目で木星北斗。
(贅沢言えば木星で手札に2枚ブレイヴがあると最高。)
ブレイヴが1枚しかないなら北斗優先。
ブレイヴがない時には、他の蟹>ネクサス>ブーストスピの優先順位で展開。
ここで次のターンまでにソンプリかトラトラを引けていれば相手がこのターンを凌いでも、
相手の攻撃をしのげる公算が高い。

相手の除去などに対しては、ドロー支援ネクサスなどで
手札を引くことによって弾数で対処する方向。
しいては、デッキを回して安定することにもつながると思う。
理想形をウォールやバリアや疲労系で凌がれたら次のターンで蟹。
ブレイヴをつけて相手のライフに止めをさしに行く。

ブレイヴの選択は悩ましいけど、
こちらの2手目で4コアスピにブレイヴを張って殴るには、
相手のシンボルを潰していかないと返しで終わる可能性もあるので、
相手が先手1手目か後手1手目で出したスピやネクサスを破壊できる
セントロとバルガンナーを選択。
ワンチャンス一撃死もあるのでもう一つは安定のケルべ。
4コアにつくブレイヴを2種類にしたので、
エースアタッカーの他のスピはすべて4コア帯。
先手で出して安定と考えていたダンデ、メイパロットは以上の理由でデッキから抜ける。

先手を取らされた時には、ネクサスを展開。
ない時には、エンド。
出せるものが出せるときまで待つ。

4コアのスピは猿が2になっているが、しぶしぶの選択肢。能力はいいもの持ってるけど、
後手で出しても3000にしかならず、相手が赤なら焼かれる選択肢が山ほどある。
ゴクラクチョーも同様だが、デッキ唯一の神速要員でもあるので、優先順位は高め。

理想としては蟹の展開の段階で、最大軽減でネクサスがはれれば完ぺき。
まぁ、そこまでの間に相手が何にもしてくれなければの話なんですが。。。(゜□゜;
posted by kimidori at 01:24| 茨城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。