2010年02月12日

剣獣暴風。

蟻塚マスターへの挑戦再び。

ビャクガロウが3枚そろった記念に緑重デッキを作成。
前々から作りたかった暴風デッキ。
なお、このデッキを作るにあたって、
我が家では今年2度目のクロスシザース不足が
発生したことを付け加えておきます。(笑

デッキ名「アニマロイドタイフーン」
【緑スピリット】

3 クロスシザース 軽減・コア節約要員
3 ガブノハシ 暴風1
3 勇者ヴォルザ 勇者能力+コスト3以下BP破壊で回復
3 働きアントマン ボイドにコア
3 デルファングス 神将にコア、ホウオウガL3へ
3 鉄拳のカクタスガルー 追い詰められるほどにパワフル
3 老賢樹トレントン ホウオウガ召喚に、数を展開する時にも
2 碧緑の竜使いグリューン ホウオウガコンボ用
3 剣王獣ビャク・ガロウ 暴風2
3 天帝ホウオウガ 暴風3、竜使いL2でずっとホウオウガのターン

【ネクサス】
3 隠されたる賢者の樹 優秀ネクサス
2 無限蟲の蟻塚 せめるもまもるも
 
【マジック】
1 ライフチェイン おもにトレントン用
3 サイレントウォール 守りの要
2 ピュアエリクサー 守りの要2


コアを稼ぎつつトレントンからのホウオウガ召喚を狙います。
割と大きなスピリットがポンポン出るので、
回してみると結構面白かったりします。

勇者を採用したので、コスト2は徹底的に否定する予定でしたが、
ネクサスが多めになったのと序盤の展開要員が足りなく、
やむなくクロスシザース投入。
悪くもないけどよくもない感じです。

何度回してもビャクガロウL2で殴ることがないなぁ。
暴風2とBP7000で事が足りてしまうことが多い。
ホウオウガもまた同様。
暴風3が無ければカクタスガルーのが強いぐらい。^^;
ホウオウガを呼ぶ呼ばないにかかわらず、
このデッキのエースはカクタスガルーです。
(ライフが3以下前提で。)

ガチで紫にはかなり弱いでしょうが、
その辺をうまいこと調整していくのが今後の課題です。
なんかいい方法はないものか…。
posted by kimidori at 01:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

遠征野郎の大会形式情報。

知らない街を歩いてみたい。

バトスピをはじめて困惑したことは、
大会形式がお店によってまちまちだということだ。

最初の大会に参加したときに他の参加者から聞いた話は、
基本はトーナメント1本勝負。
お店によっては、スイスドローや2本先取なんていうのもあるらしい。
ということだった。

結構いろいろな所の大会にも参加するようになって
オフィシャルの大会日程を参考にするにあたって、
大会の形式も知りたいなぁと思うことはよくある。
特に遠征にいってあっさり1回トーナメントで負けて、
とぼとぼ帰るというパターンはとても寂しい。
フリーで対戦できればその問題も緩和されるけど、
いろいろなデッキや知らない人との対戦ができるという点で、
スイスドローの大会の存在は自分にとってはありがたい。

ふと、そういう情報を自分以外にも求めている人が
もしかしたらいるんじゃないだろうか?
という訳で今まで自分の行った大会の形式を
思い出せるだけ書いてみることにした。

【茨城県】
わんぱく土浦店 
スイスドロー1本勝負、全勝1人まで
遊’SD水戸店 
スイスドロー1本勝負、全勝1人まで
遊’SD龍ヶ崎店 
スイスドロー1本勝負、全勝1人まで
再楽re+
トーナメント1本勝負。参加費無料。次回開催は不明。

【千葉県】
スリフトモール志津店内CCC 
 
トーナメント1本勝負
愛好堂八街店  
スイスドロー1本勝負
アトラス  
スイスドロー1本勝負
ホビーステーション松戸店  
スイスドロー1本勝負
トレーディングカードゲームショップむげん  
スイスドロー1本勝負
おもちゃのハッピー 
スイスドロー1本勝負

【東京都】
チェルモ 秋葉原店 
トーナメント1本勝負
遊Vic中野店 
参加人数によって変動(?)、参加した時は4人総当たり
ホビーステーション秋葉原店3F 
スイスドロー1本勝負
ファイヤーボール秋葉原店
スイスドロー1本制
アメニティードリーム 池袋パワー9店
スイスドロー1本制
※勝敗とともに、取ったコア数と取られたコア数を書きます。

【栃木県】
イエローサブマリン宇都宮店 
スイスドロー1本勝負
一刻館宇都宮店 
スイスドロー1本勝負

【福島県】
TOYS&雑貨STEP・1 
トーナメント1本勝負
但し、1回戦負けは敗者復活あり。時間制限10分/1本。
時間切れの場合は現行のターンを消化。
それで決着がつかない場合は、
ライフの数を比較、場のスピリットの数を比較、
場のスピリットのレベルの和を比較の順に判定。
ショップバトル後にお店主催のトーナメントも開催。


書き出したらものすごい数になった。
てか遠征しすぎだろう。^^;
ある程度情報を得て動いたりしていたのもあるけれど、
ほとんどのお店がスイスドロー1本勝負でした。

どこかで誰かの何かの足しになれば幸い。
間違ってる情報やここに書いてない関東近県のお店の情報などあればコメント欄にお寄せください。
posted by kimidori at 22:10| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

怪虫リカバリー

ネット巡回して仮想敵として組んだ怪虫リカバリー。
年末から年始にかけてお世話になりました。
いろいろなおしたいところはあるけれど現在の形。

デッキ名「怪虫リカバリー」
【スピリット】
3 マッハG 甘え
3 クロスシザース 序盤の要、終盤のエース
3 アメンボーグ 神速でも通常召喚でも
3 バットホッパー コア加速要員1
3 働きアントマン コア加速要員2
3 マッチュラ 先手マッチュラ死の香り。詰めマッチュラも死の香り。
2 兵隊アントマン 怪虫じゃないけどアントマン
3 エメラルドシーザー バインディングソーン付きスピ
3 用心棒アントマン
 先生出番です
【マジック】
3 バインディングソーン 伝家の宝刀その1 ピンポイント疲労
3 ソーンプリズン 伝家の宝刀その2 複数疲労
1 ストームドロー 1枚でも入れるべきなんだろうか?
2 ハンドリバース 手札切れでも安心
3 フロックリカバリー
 キーカード
2 インビジブルクローク 最後の詰めの代名詞

重いデッキばかり使っていたせいか、
このデッキのBPの低さがすごく怖い。^^;
病名はBPが低いと寂しくて死んでしまうBPウサギ症候群です。w
(ちなみにウサギは寂しくても死にません。)
一応、怪虫中でBPの高いクロスシザースと用心棒を採用。
先日の東京CSではフレイアの防御を抜くのに一役買った。

多すぎる感のクローク2本は、
どうも調整する時にあと1ライフが削れずに
逆転負けをする展開が多かったので、
入れてみました。赤白以外にならかなり安心してライフが削れる。
相手ブロッカーが多くても安心です。

BPに不満があるなら賢者の樹とかも入れたいし、
ミツジャラシをはじめとする他の怪虫。
ジオ等の低コスト高BPのスピリットなど、
入れ替えられる要素はたくさんあるので、
調整のし甲斐はありそうです。
posted by kimidori at 00:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ライフカウンター。

今日は、ゲームで使う小物の話。

カードゲームやってると、小物にこだわりたいときがあります。
バトスピの大会に出ていて、他の人が、
コアを何か面白そうな別のもので代用していたり、
コアのケースやライフカウンターを自作していたりするのを見ると、
ああ、あーいうのいいなぁと思うことがあります。
お店等で使えそうなものを見つけるとついつい買ってしまうこともあります。

さて、自分は現在、コアのケースは100均のミニタッパを使っています。
携帯用灰皿とか、ミニアタッシュケースとか、
どんぶりとか、小鉢とかいろんなものを試した結果、
今のが一番持ち運びや使いやすさで納得して使っています。
見た目はあまりよくありませんが、中身が見えて、
ふたがきっちりとしまるのが自分の中ではポイント高いです。

他にゲームで使うグッズというと、
プレイマットとかなのですが、
前にお店で貰ったプレイシートは、
お店によってはテーブルの大きさの都合で使いづらい場合もありますし、
いちいち対戦のたびに持って移動するのが意外と大変。
(ヘヴンズドア限定版のやつ持ってるけどみんな使ってるから他のを使いたいな。←本音w)
と諸々の理由で、ライフカウンターを作ってみることに。

用意するもの。
1、前にお店で貰った布制プレイシート。
2、トップローダー。
3、???????

まず、プレイシートのライフの部分をハサミでチョキチョキ。
もったいないけど数枚あるので遠慮なくチョキチョキ。
切ったライフの部分をトップローダーに入れて完成!

のはずだったんですが、今日水戸の100均で突如ひらめき。
あるものをつけて下の写真の様な感じになりました。

正面から見た様子。
布が切りすぎてライフに見えないけど気にしません。^^;
6006284_151308920.jpg

ちょっと斜めにすると少しでっぱってます。
6006284_2664270645.jpg

コアもすっぽりと収まり、斜めにしてもこの安定感。
6006284_3189013612.jpg

さて、この丸くて中に穴があいていて、
白いフワフワした材質のものの正体は。
こちらです。
posted by kimidori at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

バトスピ東京公式ガンスリンガー。

という訳で、池袋から約1時間ほどで目的地に到着。
会場は駅から徒歩1分。近すぎるw

時間は3時過ぎ。かなり出遅れ。
すでに会場は人であふれていて、
特にガンスリの周りは、長蛇の列。
駅でだいぶ帰っていく家族連れを見かけたが、
これでも減ったほうなんだろうか。
30分ほど並んでようやく着席。
さて、目指すは5勝。エリオットギャラクシースリーブ!
賞品が無くなるのを恐れて到達したら抜けるつもりで挑む。
デッキは回転の早さ重視で、手持ちで一番早い怪虫リカバリーを選択。

1回戦目 対黄   ○
バットホッパー、働きアントマンのBP4000コンビで押し切る。
マジックでBPアップして相打ちを取られるが最後は相手の手札切れ。
2回戦目 対緑   ○
軽量のスピを展開して殴ってくるタイプ。
プリズンと神速を手札に抱えているので、
序盤から守りを考えずにガンガン殴る。
最終的に相手のこりライフ1をクロークで削って勝利。
3回戦目 対紫呪撃 ○
おそらく呪撃。相手選考でピジョン、レッドキャップ。
うーむ、完全に受けに回られそうだ。
と、思っているとバットホッパーのアタックを素通し。
さらに返しでシャズー召喚。これは厳しいと思っていたら、
相手シャズーでアタック。^^;
こちらのバットホッパー、働きアントマンのアタックをスルー。
さらに返しで相手シャズー召喚。
2体シャズーでシャットアウトか?
と思いきや、相手さらにシャズー2体でアタック。
ライフで受けつつプリズンでピジョンとキャップ寝かせて、
2体目のシャズーのアタックもライフで受ける。
返しでノーガード状態の場を殴りきって勝利。
あのプレイは、さすがに相手のミスだったと思われる。
4回戦目 対白中 ○
ヴァルハラ出されるもこちらのライフ5。
しかも場に出ている神速2枚が手札に帰る状況。
相手はチェスト2枚を含む手札も使い果たして頭数が足りない。
相手の場にはフレイアL3、ヴァルハラL2、マルコL1。
こちらのクロスシザースL3のアタックをヴァルハラで受けたところを
プリズンして相手ブロッカー無し。
用心棒アントマンでアタック。相手残りライフ1。
返しのターンもなんとかしのいで、
トップデッキがクローク。
用心棒アントマンがBP7000で殴って勝利。

5回戦目 対緑重 ○
目の前に知っている顔が居た。さぁ、ここが正念場。
ジオ。ハングリー。と見慣れた重めのスピが出てくる。
その上から無限蟲の蟻塚。;それはヤバい。
自称蟻塚マスターが何たる屈辱。
しかし、対処法も心得たものなのでとりあえず戦える。
相手の場はジオ、ハングリー、マッハG。
一番BPが高いハングリーを対処できれば勝機はある。
相手もプリズンを警戒して攻めきれない。
こちらのターンでバットホッパーでアタック。
相手ハングリーでブロック。マッハG出してマッハGにクローク。
バットホッパー上のコアを使いハングリーは寝たまま。
クローク付きのマッハGで殴ってさらに手札のマッハG展開。
この時手札にはリカバリー。これで止めとなるか?
しかしここで相手がサイレントウォール。
こちらのライフが5あるせいで手数の少ない相手は殴りに来られない。
重いデッキの難点はここ。しかし、それを打破するはずの蟻塚なんだが、
相手は疲労系のカードを警戒してブロッカーを減らせない様子。
こちらは、あとはクロークかソーンを引けばほぼ詰み。間に合うか?

しかし、絞れを切らした相手が蟻塚L2を使いだした。
こちらのスピよりも高BPなスピ1体だけで殴り、
ハングリーL2+蟻塚でがっちり固める。
実はこちらにとってこの展開が一番きつい。
その分、チャンスは広がるのだが、
ライフが無くなるまでにキーカードを引けるかどうか。

祈りながらのドロー。
引いたのはプリズン。よしッ!
相手のブロッカーはハングリーL2とマッハGL2のみ。
寝かせて殴って勝利。
ここ一番で本日一の引きを見せて勝ち。

おかげ様でエリオットギャラクシースリーブゲット。
賞品にかえて戻ってくると4勝の札を下げて、
封鎖されたガンスリ入口を眺める邪の人の姿があった。^^;;;

3時半から4時過ぎまでで4勝っていうのもかなり立派な戦績だと思うんだけどね。
やはりというか時間が足りなさすぎた。
もう少し遊びたかったが会場の都合上みな帰り支度。
その頃にはようやく顔を見知った方々にも会え、
健闘を称えつつ検討会して帰ってきました。
皆さんたくさん楽しんだようでなにより。
参加した皆様。お疲れさまでした。
posted by kimidori at 00:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

東京CS大会。

いきなりですが、GWです。
バトスピの東京公式と重なってしまった、
ガンダムウォーの東京公式大会。
さて、どっちに参加しようかなと前々から考えてはいたのですが。

周りの人たちがこぞってGW組なので、
調整に参加しているうちにあれよあれよとデッキ完成。

3日で人波まで追い付いて見せた・・・はずでした。
正直今回は突貫作業的な感じでしたが、
自分の中でひとつずつ納得した上で、
デッキの構成を組んで行けたので、
デッキを組んで調整する過程が久しぶりに楽しかったです。
意気込みもありました。
やる気もそれなりにありました。

「エリオットスリーブ欲しいから負けたらバトスピ行きます。」

終わってみたらネタにしかならないよねー
って言う気満々だったんです。いやほんとに。^^;
結果は黒中で1勝2敗。途中退場。
メタが読めてなかったわけでも無いし、
プレイングに大きなミスがあったわけでもなく。

ひとつずつ噛みついたとはいえ、
すべて内部分裂のぶっぱでの勝利。

デッキが悪かったのか。
自分の引きが悪かったのか。
相手が悪かったのか。
反省点は山ほどありそうですが、
思いのほか勝負のカッコウになったこと、
そして、久しぶりに集中して何かに取り組めたのは
とても充実してましたし楽しかったです。

思えば人生で初の公式リムーブじゃないだろうか。
後味は良いとは言えないが、腐ったわけでもなく、
やりきったけど、全く歯が立たなかった。それも仕方が無い。
正直な感想です。

とりあえず、コルニグスで玉砕した男気あふれる邪の人と共に
バトスピガンスリへ移動する話へ続きます。

posted by kimidori at 23:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | GUNDAMWAR(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

新年あけました。水戸ユーズドSB。

新年あけました。
おめでとうございました。

年末から年始にかけて公私ともに忙しくしておりました。
その辺の様子を自分自身振り返ってみたいと思います。

年末。
もう知り合って10年たつ、きたかんの忘年会。
すっかり私も30代の会話ができるようになりました。
と、自分では思ってるんですがどうなんでしょう?^^;
久しぶりに会う人や久しぶりに会う人や久しぶりに会う人。
ひとえに私の出席率が悪い所以です。(−−;
でもブランクを感じずに楽しい時間が過ごせました。
来年のころには仕事その他でもっときちんとした状況で、
行きたいものだと決意も新たにしました。

12月29日に単独で人生初の福島遠征。
富岡町のステップワンというお店にお邪魔してきました。
年末ようやく手に入ったプリズンを入れて、
これまた初大会の怪虫リカバリーで優勝。
1年の締めくくりにはとても有意義な大会でした。

年始。
3日の水戸で大会。怪虫リカバリー使って、決勝卓で負けて5位。
4日は初詣で鹿島神宮へ。焼肉食べてご満悦。
5日は地元に帰ってきた、かきのたねくんとフリプ。
ネクサス強者統べる大地を出してから、
怪虫をキャストオフしてディースで殴るというトリッキーなデッキ。
こっちがBP6000以上でガードすると、
ディースが寝かして起きてまた殴るという素敵コンボ。
コンボ野郎の血が騒ぎ出した。

仕事が始まり。
今日は水戸の大会。
新しくなった緑重で出ようと思ったが、
試合直前に数えたら枚数が39枚しかない。
仕方が無いので、怪虫リカバリーに切り替えた。
ちなみに1枚なかったのは入れたつもりで家に置いてきたプリズン。;

1回戦目 対青粉砕(小学生)○
心臓破りの坂にプリズンとソーンを落とされ結構ピンチだが、
手数で押し切りなんとか勝利。

2回戦目 対低コストウィニー(幼稚園生?)○
攻めるに攻められずこう着の場。
相手の場にスピリット18体。
こちらの場にスピリット13体からの、
手札の神速全開放プリズン、ソーン×2。
最後の止めはクロークで1点通して勝ち。
場が複雑ゆえに助けられたけど手ごわい相手でした。^^;

3回戦目 対赤焼(大人)×
対赤の基本プレイングBP4000以上を心がけて、
最低限サイクロン以外では打ち取られないようにする。
悪くなる場の状況で勝負を焦って飛び込んでみれば、
相手のウォール1枚でゲームオーバー。
速い展開で無いとリカバリーが生きないことにようやく気がついた。

結果2位。
緑重だったらどうだったかなと思ってしまったが、
赤には戦い安くなってもどの道2戦目で押し切られて負けてたな。^^;

個人用ルール系メモ。
強襲で寝かせたネクサスはリフレッシュステップで起きる。
(カードQ&A 強襲編Q5より)
posted by kimidori at 17:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

宇都宮一刻館SB その2

先日食べたラーメンの味が忘れられず、
再びやってきました宇都宮。
先日のショップバトルからわずか2日。
一刻館今月2度目のショップバトルです。
まず邪の人と土浦で合流し、車で宇都宮を目指した。
今日は物は試しということで北関東道を利用。
11時半に土浦を出て、1時には宇都宮に到着。
また、世界を縮めてしまった。
普通2時間以上かかるところを1時間以上の短縮。
時間を買ったと思えば2100円も高くない。高くないぞ!

・・・帰りは下道で帰ろう。^^;

思いの他早く着いたので目的のラーメンを昼に食べることに。
宇都宮市役所近くにある「どる屋」さん。
魚系のあっさりして飲みやすいスープを出してくれます。
気に入ったのは、ほほ肉の叉焼。
醤油味のスープにこのほほ肉の叉焼が抜群。
間違いなくここ最近食べたラーメンで一番うまかった。
満足して店を出た後は、一刻館近くのたいやきやでデザート。

宇都宮での食事を満喫した後でイエサブで調整開始。
邪の人の本デッキ緑白と緑重で対戦。
お互いずっと使い続けて内容も日増しに変化しているデッキだけど、
ここのところ、緑重は、邪の人の緑白には成績が良い。
この日もぎりぎりのところでかわして勝つパターンに恵まれる。
自分の感想から邪の人が感じた部分を変更。
緑白は、だいぶ質で押すタイプにシフトした。

2時半に一刻館に移動。
3時に大会が開始された。
参加デッキは先日と同じく緑重。
ただし、古代闘技場を朝焼け岬に差し替えてきた。
さぁ、紫デッキよ、かかってこい!(  ̄□ ̄)○
参加者は12から14人ぐらい。

1回戦目 対赤デッキ○
小学校低学年ぐらいの小さな男の子。
コアが無いというので貸して対戦。
こちら先手からヘラクレスジオ展開してエンド。
相手のファーストアクション、ドラグサウルス。^^;
さらにジークブルム、ジークフリードと展開してくる。
今のアニメの主人公のデッキみたいだ。かっこいい。
しかし、こちらも負けじとヘラクレスジオ3体並べてアタック。
殴り合いを制して勝利。
相手のスピがレベルの低いうちに倒せてよかった感じ。
冷静に考えたら相手の引きかなり強かった。^^;;;

2回戦目 対白中○
アンジェラフィッシュやガトリングなどを、
イグドラシル、機人ドロイデンで強化して殴ってくる相手。
こちらは、粘りの姿勢でBPで劣るスピでブロック。
シオマネキッドのおかげでバウンスで一気に決着も無くなった。
ギガガル出して、ようやくこう着状態。
ストームドローを手札に抱えて賢者の樹が来たら反撃開始。
賢者L2の状態から一斉攻撃!・・・と思ったが、
ブロッカーのBPがかなり高くてギガガルで地道に削る。
相手のスピに11000を超えるものが居なかったおかげで辛勝。
ギガガルが無くてもシオマネキッドが無くても負けていた試合だった。

3回戦目 対緑速攻 ○
前回大会で神速デッキを使っていた方。
デッキは緑の軽量スピを扱ったデッキ。
しかし、相手今一つ軽量のスピを引けない様子。
こちらも朝焼け2枚も引いてちまちまスピを並べるしかなく五分の展開。
終盤、ストームドローから朝焼け2枚喜んで切って手札充実。
数的には五分でも質で勝るこちらが賢者L2から押し切っての勝利。

4回戦目 対緑白○
そして、なぜか最終戦に邪の人が目の前にいたりするw
さっき散々、相手のデッキを強化したばかり。
まさかこんな形で的に塩を送っていたとは。^^;
しかし、相手の手の内が読めるのはお互い様。

初手。賢者。ハングリー。エリクサー。ウォール。
じゃんけんには勝った。
手札的には後攻を選んで初手ハングリーを置きたいところだが、
相手はテンポ重視の緑白デッキ。相手が先手を欲しているのは明白。
初手で置けるのが賢者しかないが、初手で殺されることはない。
ここは先手を選択。ドロー。

つポルック&カスター。

よし!最初の関門クリア。^^;
ポルカス、ハングリーと展開。
ハングリーを戻されて殴られるが、
再度展開して賢者も配置。
そこから場を固めて行き。
相手の手札事情がかなり苦しくなってきたところで、
賢者L2からの総攻撃。
相手の場が壊滅して手札が2枚。
こちらの回復スピが5体で相手投了。

大会で邪の人に初勝利なんじゃなかろうか。^^
優勝と初勝利で2倍うれしい勝利。ありがとうございました。
その後は再びお互いのデッキについて検討。
使われないまま役目を終えた朝焼けのスペースについて
課題を残したまま宇都宮での大会終了。

大会終了後は、たいやきや→どる屋の逆手順で夕飯。^^;
これだけ食べてもすんなり完食できるどる屋のラーメンすげぇ。
ほほ肉ねぎらーめんたいへん美味しゅうございました。m(__)m
また、ここに来ようと固く心に誓った。
皆様も宇都宮遠征時には是非。

posted by kimidori at 22:58| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

宇都宮一刻館SB

東京の本戦に参加する予定だったが、
他のメンバーが軒並み不参加の様相を呈したので、
今週は見送り。他に何か大会ないかなと探したら、
宇都宮で大会があるとのこと。
これは、ラーメン食いがてら参戦しなくては。
という訳で、宇都宮SBに参加。
参加者最初12名位。

緑神速○
一度3弾環境でやめて戻ってきた気さくな方。
当時のデッキをそのまま使ったらしい。
神速をネクサス2種でサポートして、
ネイチャーフォースで相手が倒れるまで殴る構成。
ネイチャーフォースの使いどころを相手が間違ったおかげで、
辛くも勝利。

白中速○
地元の常連さん。
緑の重スピリットで押しまくる。
最後の最後であいて手札1枚ライフ2回復スピ3。
こちらは数を展開して押し切る形。
相手の手札がウォールかエリクサーなら負けまである。
幸運にも相手の手札はクロークだった。辛勝。


緑速攻×
これまた地元の常連さん。
相手のデッキがわからない状況だったので、
初手シオマネキッドを置いたらあっという間に、
数を展開されて終了。
シオマネキッドが役に立たなかったといえばそれまでだが、
賢者、シオマネ×2、ハングリー、ハングリーの初手で、
シオマネスタートは仕方がないとしか言いようがない。
以下、自分用メモ。
最後から1ターン前の手順はライフで受け→ブロックウォールが正解。
シオマネキッドが生き残るだけで戦況は大きく変わっていた。
あれが勝負を分けたであろう致命的なミス。

紫コン×
ハイランカー所持な中学生。かなりプレイがうまい。
苦手色紫。古代闘技場は全く役に立たなかった。
L2にするとか以前の問題。
マイコン2発撃たれてやられ放題。
自分のスピの展開の仕方に問題アリ。
数よりも質で押す戦い方を強いるべきだった。反省。

2勝2敗。30Pもらってきた。
3日もまた大会があるらしいので、再度挑戦しに行きたいと思います。
posted by kimidori at 23:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(大会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

緑重コアリーグ本戦用

昨日の古河のGW公認後に邪の人と延々バトスピスパーした結果がこの形です。

デッキ名『緑重コアリーグ本戦用』
【緑スピリット】
3 クロス・シザース
3 ポルック&カスター
3 アメンボーグ
3 ハングリートゥリー
3 マッチュラ
3 バットホッパー
3 ヘラクレスジオ
2 スタッグローブ
2 獣槍王ギガ・ガルレイブ

【白スピリット】
3 珊瑚蟹シオマネキッド
【緑ネクサス】
3 隠された賢者の樹
【青ネクサス】
2 古代闘技場
【緑マジック】
3 ストームドロー
【白マジック】
2 サイレントウォール
2 ピュアエリクサー


【デッキに起きた変化】
まずデッキからソーンが抜けた。
自分のデッキが速攻系で無い時点でソーンで勝つのと、
ソーンを抱えて手数が足りずに負けるパターンと、
どっちが多かったかを考えると圧倒的に後者。
という訳で、ソーンを思い切って抜いてみたんですが、
ほとんど影響なし。
地元と友人のみの対戦環境下なので、
考慮できてないデッキタイプがあるかもしれないけど、
スピが増えてコスト帯を少し下げたことが、
デッキの安定性の向上にも一役買った。

【デッキに起きた変化2】
蟻塚、ブランボアが抜けた。
あれほど大好きだった蟻塚がデッキから抜けた。
理由は赤相手に蟻塚を手札にホールドして、
戦わなくちゃいけない展開が増えたから。
(蟻塚より先にスピリットを優先しておかなければいけない状況)
前々から蟻塚に頼りすぎるデッキ構成に懸念材料はあったものの、
フィニッシュコンボとしてのL2蟻塚の味が忘れられずに抜けなかったが、
本戦用に古代闘技場のスペースをと考えると、
真っ先に抜けたのが蟻塚という結果になった。
残念だけど、蟻塚にはまた別のデッキを考えよう。。。
ブランボアは単にスペースの都合上。

【デッキに起きた変化3】
緑に対してはだいぶ戦える形になった気がする。
赤の焼き、白のバウンスに対しては完全にカニ頼み。
どうしても相性の悪い紫に対して出した苦肉の策。

つ朝焼け岬

策というかまんま紫しか考えてないカード。
しかし、これだと他の色のデッキには無駄カードだし、
紫に他の色を足されているの可能性も考えると、
必ずしも出れば勝つ的な効果は期待できそうにもない。

というわけで苦肉の策パート2。

つ古代闘技場

BP上げられない効果は自分のアタックステップのみだけど、
これならこちらの攻撃は相手は盤面の値で応戦しないといけない。
BPの大きいスピリットで相手を押しつぶすデッキの趣旨にも合っている。
(ついでに白のブロック時BPアップにも対応してるのが偉い)
L2効果も、紫の召喚時効果持ち以外にも、
ドラグサウルス、エメラルドシーザー、マッチュラ等、
意外と広くカバーしているので○。
というわけで、このデッキで11月の本戦に突っ込んできたいと思います。
posted by kimidori at 08:26| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バトルスピリッツ(デッキ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。